敏感肌で悩んでいる方へ、まず始めるべきこと

“敏感肌だと話題の化粧品も「荒れるかも…」と思って簡単には手を出せなかったり、ちょっとしたことで肌荒れを起こしてしまったり、本当に悩みが尽きないですよね。

 

敏感肌はなかなか改善するものではありませんから、いかに肌に刺激を与えないかを意識してお手入れすることが大切です。

 

まず第一に、スキンケア用品選び。

 

敏感肌だという自覚があれば当然ですが、流行っているからと安易に購入したり、極端に安いものを使ったりするのはよくありません。

 

ただ、一概に高ければ良いというわけではありません。

 

たとえ敏感肌用の化粧品でも、人によっては荒れてしまうこともあります。

 

それが高い化粧品だったら、とてもショックではありませんか?逆にプチプラでも、驚くほど相性の良い、効果のある化粧品もあります。

 

ですのでまずはプチプラから試してみることをオススメします。

 

それでも満足いかなかったり、荒れてしまったりしたようなら、少し奮発してみましょう。

 

そして、口コミはじっくり確認すること。

 

ひとつのサイトではなく、複数のサイトを納得いくまでチェックしてみてください。

 

客観的な視点から確認できる比較サイトがオススメですよ。

 

そうして選びに選んだスキンケア用品を使ってみて、効果を感じられたならOK。

 

万が一荒れてしまったようなら、すぐに使用をやめてくださいね。

 

諦めず他に良さそうな化粧品を探してみましょう。

 

その繰り返しで、きっと自分にぴったりなスキンケアが見つかるはずです。

 

ただ、これは敏感肌でない人にも言えることですが、ずっと使い続けていた化粧品が、ある日突然合わなくなってしまったということがあります。

 

さまざまな原因がありますが、一度自分に合ったからと言って無理に使い続けないこと。

 

少しでも違和感を感じたら、別の化粧品を探してみてください。

 

誰にでも効果のあるスキンケアは存在しません。

 

敏感肌の人は特に慎重に、これだと思うものを試していってみてくださいね。

 

さて、自分に合う化粧品を見つけたら、その使い方にも注意が必要です。

 

まず、容量・用法を守ることは基本です(薬みたいですが)。

 

以前私が使っていた化粧水で、1回に使う量が1円玉くらい、さらに使用期限も決まっているものがありました。

 

ご存知の方も多いかもしれませんね。

 

ただこの商品、バシャバシャとたっぷり使っている人を結構ネットでよく見かけます。

 

「量が少なすぎる!」と言っているけれど、1円玉くらいで十分なところをそんなに使っていたら、当然そうなるでしょう。

 

敏感肌用の商品は、とてもこだわって作られています。

 

それゆえ使い方に細かい指示があるものも多いのですが、それをきっちり守ることで効果が発揮されるのです。

 

くれぐれも適当に使わないようにしましょう。

 

それから洗顔の時や、化粧水等をつける時に気を付けてほしいのは、ゴシゴシこすったり、叩いたりしないこと。

 

特に洗顔は、直接手で顔に触れず泡だけで洗うくらいのつもりでやってみてください。

 

最初はこんなんで洗えてるのか…?と思いますが、心配いりません。

 

また、顔に触れる前に必ず手を洗うよう意識するのもオススメです。

 

正直ちょっと面倒なのですが、顔を常に清潔に保つのが一番大切。

 

敏感肌のお手入れにはこまめな努力が必要なのです。

 

それに関連して注意してほしいのが髪の毛です。

 

残念なことに、実は髪の毛は思っている以上に不潔なのです。

 

極力髪が顔にかからないようにしてみましょう。

 

寝るときに髪を束ねるだけでも、私はかなり肌の調子が改善されました。

 

外でも髪をまとめておくのがベストですが、難しい人は家の中だけでも髪をまとめてみてください。

 

敏感肌は悩むことも多いですが、その分肌をとても大切に扱おうとするのはメリットなのではないかなと思っています。

 

ぜひ試してみてください!”

敏感肌から普通肌へのステップアップ

“私自身敏感肌で学生の頃から悩んでいました。

 

春には花粉のせいで鼻水をかみすぎて鼻の皮が剥けたり、頬はかゆくて気がつけば引っ掻いていてボロボロ、夏は紫外線が強いのとクーラーの影響で乾燥したり、日焼け止めもSPFの強いものは刺激が強すぎて荒れてしまう、秋は夏の紫外線の影響で乾燥ごひどくなりはじめ、冬には本格的な乾燥で一年中ボロボロでした。

 

学生の頃はお金もなかったのでプチプラの基礎化粧でお手入れしていましたがほとんどあわず顔のかゆみなどはますばかり。

 

色々な基礎化粧品を使用してわかったのがアルコールフリー、パラベンフリー、界面活性剤なしのものでお手入れすることが比較的肌への負担が少ないということです。

 

そもそも敏感肌とは、健康なお肌に比べてお肌を外的刺激から守ってくれるバリアー機能が低下していて、皮脂が少なく乾燥しやすい肌のことを言います。

 

また、体調の変化やストレス、冷暖房などの環境、花粉などの季節的要因に敏感に反応して、トラブルが生じやすくなってしまっている状態です。

 

それなので、敏感肌へのお手入れとして外的刺激要素のあるものはさけたほうがいいです。

 

まずはクレンジングでは、メイクをしっかり落としたいからといってオイルのみは余分な皮脂も取り除いてしまうのでさらに乾燥の元になるのでポイントクレンジングのみにして、その他の部分はクレンジングミルクやジェルなどで強くこすりすぎず、テーブルにおいた紙が動き回らない程度の優しさで円をかいておとします。

 

拭き取りタイプのクレンジングシートは肌への摩擦が強くなりやすく、余分な皮脂や水分をとりやすいので敏感肌の方はおすすめしません。

 

次に洗顔は粒子入りなどはさけ、必ずもちもちの泡で包み込むように洗います。

 

朝も洗顔料を使っている方もいますが、朝は洗顔料は使わずぬるま湯で洗う程度がいいです。

 

そして敏感肌だからということで避けがちな角質除去は皮がボロボロに剥けているなどの状態でなければマイルドなタイプのスクラブも必要です。

 

肌にはターンオーバーといって生まれ変わりの周期がありますが、敏感肌で乾燥などしている肌は古い角質がたまりやすくなっています。

 

それなので週に1回ほど角質除去をすることにより古いお肌を新しいお肌へ生まれ変わらせる手助けをしてくれます。

 

そして洗顔、角質除去後の基礎化粧品は必ず肌が乾く前につけてください。

 

化粧水はたっぷりとコットンにとり肌につけていきます。

 

一度ではなく二度三度つけることで肌の奥へ入っていきます。

 

肌の奥といっても、肌は大きく分けて表皮、真皮、皮下組織と3つに分けられていてさらにその上の表皮の中のさらに一番上の角質層というところまでしか手でぬる化粧品は浸透できません。

 

しかし、その角質層にいかに化粧品を浸透させるかで、肌が潤い外的刺激から守られ敏感ではなくなるかなのです。

 

できるのであれば、たっぷりと化粧水を含ませたコットンや、フェイスマスクでパックをすることで更にお肌に水分が入ります。

 

化粧水をたっぷりと角質層へ充満させたあとは美容液で整肌成分配合のものを使用してバリア機能を高めます。

 

最後に乳液ではなくクリームをぬることで肌に、今までぬったものか蒸発しないように蓋をすることで外的刺激に負けない肌へとしていきます。

 

また、アイスクリームなどをぬりたい場合は最後のぬってください。

 

また、髪の毛を両サイドにたらす髪型やシャンプー、リンスが実はあっていなくて肌あれをするケースもあったり、お洋服の襟元が顔にあたっていてその刺激であれてしまう人もいるので普段のお手入れの基礎化粧品だけではなく他の部分にも目を向けるとさらに原因がつかめます。

 

正しいスキンケアを身につけてトラブル知らずの肌をつくろう

“敏感肌とはどんなお肌のことをいうのでしょうか。

 

肌にはタイプがあり、普通肌、乾燥肌、脂性肌、敏感肌、混合肌の大きく分けて5つのタイプに分けられます。

 

普通肌とは水分量、油分量ともに適切な肌のことで普通肌の人はほとんどいません。

 

乾燥肌は水分量、油分量ともに少なくお肌がカサカサしている状態です。

 

脂性肌とは水分量が少なく油分量が多いお肌のことで、テカリやベタつきを感じる肌です。

 

混合肌とは4つの肌タイプが部位別に現れる肌を言います。

 

頬は乾燥肌でTゾーンは脂性肌といったような肌です。

 

そして敏感肌ですが、肌が敏感な状態になっており、化粧品の刺激によって炎症や痒みなどが出てしまう肌を言います。

 

これは乾燥肌ととても関係があります。

 

例えば、敏感肌の1つとされるアトピー性皮膚炎ですが、これは極度な乾燥肌のことでお肌のセラミドが失われすぎると起こる肌トラブルです。

 

また、油分量、水分量ともに少ない乾燥肌はバリア機能が低く、肌を守る力が弱いためトラブルを起こしやすい状態になっています。

 

その乾燥肌が更に悪化して極度の乾燥肌になった状態が敏感肌と言えます。

 

そのため、敏感肌は肌のバリア機能が低く、少しの刺激で肌に負担を感じてしまうのです。

 

実際に敏感肌にどのようなケアが効果的かというと、外からのケアと中からのケアを両方充実させることです。

 

まず外からのケア、クレンジングやスキンケア等ですが、これはとても重要になってきます。

 

クレンジング、洗顔は肌にとても刺激を与えてしまうものです。

 

クレンジングですが、例えばシートクレンジングでゴシゴシと拭き取り洗顔して終了、なんてことをしてはいけません。

 

肌に対する刺激とは、こする 叩く 紫外線 が主なものとして挙げられます。

 

そのため、クレンジングと洗顔でよくやりがちなこする行為は絶対に避けましょう。

 

クレンジングでオススメなのはミルクタイプのクレンジング剤です。

 

洗浄力はオイルやクリームに比べて劣りますが、水中油型タイプといって水が油よりも多いタイプのクレンジング剤になってきます。

 

油か多いタイプを使ってしまうと肌に油の膜を作ってしまい、その後の洗顔をより強く行わなければならないため敏感肌の人には向いていません。

 

ミルクタイプのクレンジング剤をたっぷり肌にのせ、摩擦があまり起こらないようにクルクルと優しく円を書きながらクレンジングを行いましょう。

 

次に洗顔ですが、これはなるべくオーガニックのものをしよしましょう。

 

洗顔で肌がピリピリしてくる方は多いと思います。

 

洗顔は肌の汚れを落とすという目的のため、少し強く肌に刺激のある成分が配合されています。

 

特に固形石鹸はその配合率が高いため、お顔のお肌に使用するのは避けましょう。

 

クレンジング、洗顔が終わったらいよいよスキンケアでのお手入れに入ります。

 

ここでポイントがあります。

 

洗顔を行なったお肌は行なった直後からどんどん水分が蒸発していっています。

 

そのため、顔を洗ってすぐに化粧水をつけられるように準備しておきましょう。

 

化粧水は一度バシャバシャとつけるのではなく、肌に入るだけ何回も何回も入れ込みましょう。

 

そしてその後はしっかりと乳液で蓋をしましょう。

 

クリームも使って保湿してください。

 

この際の化粧品はなるべくエタノールなどの配合が少ないものを選んでください。

 

そして、セラミドやコラーゲンなど人の肌によく合う成分が配合されているとなお良いです。

 

そして中からのケア、これはとにかく水分をたくさん取ってください。

 

1日1.5?2リットルが目安です。

 

このように、外からのスキンケアと中からの水分補給をしっかりと行えば敏感肌の方でも色々なお肌のお手入れが可能になってきます。

 

今日からはじめてみてください。

 

敏感肌はどうケアする?正しいお手入れ方法

“皆さんの肌はどんな肌ですか?オイリー肌、混合肌などいろいろありますが、最近は特に敏感肌の人が増えてきて、アイテムも敏感肌向けのものが増えています。

 

しかし、自分は敏感肌だと思っている人もお手入れ次第で改善されることを知っていますか?そこで、正しいお手入れ方法と、敏感肌の人におすすめのアイテムを紹介します。

 

まず、敏感肌の人が間違いやすいお手入れをあげましょう。

 

・低刺激なのでミルククレンジングを使用する
・肌負担を避けるためミネラルのリキッドファンデーションを使う
・肌負担になるから何もつけない
日焼け止め含め、何もメイクアイテムをつけない人はあまりいないかもしれないですが、上2つは当てはまる人も多いのでは?なぜだめなのか、理由を解説しましょう。

 

まず、たしかにミルククレンジングは低刺激です。

 

オイルクレンジングは油分を取りすぎる傾向があるので乾燥肌や敏感肌には向かない、と考えられていますし、油分を奪うことは事実です。

 

しかし、ミルククレンジングは洗浄能力、つまりメイクを落とす力がとても弱いのです。

 

その分、ごしごし手で塗り込む必要がありますし、長い時間肌につけていなくてはいけません。

 

しかし、これが一番肌に負担を生むクレンジング方法と言えます。

 

理想は、肌を必要以上に摩擦しない、短時間で洗い流せる、そして肌に化粧を残さないクレンジングなんです。

 

だから一概にミルククレンジングを使えばいいのではなく、場面により使うアイテムを分ける必要があります。

 

例えばルーフパウダーを振っただけ、ならミルククレンジングのみで大丈夫です。

 

場合によっては石けんのみで良いでしょう。

 

クリームファンデなどの重たいファンデーションを使用した場合はオイルクレンジングが適しています。

 

一番ダメなのは、こすること、メイクが残ることです!
このことからも
落としやすいメイクアップが肌負担を減らす
ということがわかりますよね。

 

しかし、肌負担を減らすためにミネラルファンデーションを塗る人、多くないですか?
ミネラル、つまり鉱物のみを使用したメイクアイテムは確かに肌負担を減らすものが多いです。

 

ミネラルメイクアップは場合によっては石けんのみで落とすことも可能です。

 

しかし、ミネラルのリキッドファンデーションは別です。

 

リキッドファンデーションはクリームファンデーションの次に肌負担の多いアイテム。

 

ミネラルになったからといって、肌負担がまったくないわけではありません。

 

では、より肌負担を減らすなら何を使えばいいの?と思うと思いますが、パウダーファンデーションがベストです。

 

洗い落とす時の負担、そして塗っている日中の負担も格段に違います。

 

パウダーであればケミカル、ミネラルどちらでも大丈夫です。

 

より肌負担を減らすならミネラルのパウダーファンデーションです。

 

また、敏感肌だけど肌がきれいで、そんなに隠す必要がない人はミネラルのルースパウダーのみが一番肌に軽いアイテム。

 

ちなみに何もならない、も肌に紫外線を受けやすい状態になるためNGなんです!
だから理想はミネラルのルースパウダーのみで大丈夫なきれいな肌になることですね。

 

これらのことを守って生活すると、自分が敏感肌だと思っていた人の何割かは敏感な状態から回復するはずです。

 

敏感肌という単語自体、最近の言葉です。

 

昔はそんなに敏感肌の人なんていませんでした。

 

しかし、敏感肌アイテムが売れるようになったこと、
敏感肌という言葉で消費者を煽ることでメーカーやクリニックが儲かっているという現状…などで、一時的な荒れ肌、または敏感肌でない人まで気にするようになりました。

 

たくさんのアイテムを塗らなければならない、と思う人は多いと思いますが、本当に肌にとっていいのは「肌断食」、つまり何も塗らないことなんです。

 

せめて、シンプルな素材のアイテムを少数使うにとどめましょう。

 

敏感肌のお手入れはどのような手順で行うのが良いのか

“敏感肌というのは紫外線や摩擦などの外部刺激によって影響を受けやすい繊細な状態になっている肌のことです。

 

敏感肌の方は摩擦による刺激でトラブルを起こしやすいので、コットンを使わずに手を使ってお手入れを行うことを必ず守ります。

 

敏感肌の方がコットンを使ってお手入れすると、コットンの繊維が肌に触れて、お手入れ時に肌をゴシゴシ擦ってしまうことで摩擦が発生し、トラブル悪化につながってしまうからです。

 

手を使うことで肌に触れながらケアできるので肌の変化に気付きやすくなり、変化に気づくことで敏感肌を悪化させないことにもつながります。

 

そして、手のひらで温めてから肌につけるので化粧品に含まれている有効成分の浸透率が高くなり、スキンケア効果を引き出しやすくなります。

 

手を使うことで顔全体にムラなく塗れ、細かい部分も指を使うことで目元や口元などの乾燥など刺激に特に敏感な部位も丁寧なケアができます。

 

敏感肌はコットンの繊維や擦ることで発生する摩擦でより肌を乱してしまい敏感肌の悪化の原因にもなります。

 

手を使って肌の変化に気付きながら優しくお手入れをすることで摩擦といった刺激を減らし、肌に負担をかけずにお手入れできます。

 

化粧水や乳液、美容液を肌に乗せる前に手のひらで伸ばして温めてからお手入れすると美容成分の浸透を高めたり、ケア効果を引き出しやすくします。

 

また、敏感肌なので化粧品をたっぷり使ってお手入れしたいと思う方も多いですが、使っている化粧品の使用量を守らないと有効成分がきちんと肌に浸透せず、効果を十分に発揮できません。

 

化粧品は多く使えば使う程それだけ効果も高くなるものではなく、化粧品に記載されている使用量を必ず守るこが大切です。

 

化粧品に記載されている使用量は効果が最大限に発揮されるように設計されているからです。

 

では、実際にどのような流れでお手入れをするのが良いのかを紹介します。

 

敏感肌のお手入れ手順としてクレンジング、洗顔、化粧水、美容液、乳液の順番で行います。

 

クレンジングはクレンジングシートを使わずにクリームやジェルなどの肌に負担にならないクレンジング料を使います。

 

シートだとどうしても肌を擦りますが、クリームやジェルは擦らなくてもメイクを落せるので擦らずにクレンジングが行えます。

 

量が少ないと摩擦が起こりやすくなるので、化粧品に記載されている使用量をきちんと守り、ケチらずに使い、1分以内で行い、ぬるま湯ですすぎます。

 

温度が高かったり、水だと落ちにくく、すすぎ残りによって敏感肌を悪化させてしまいます。

 

クレンジングは擦らず、素早く、ぬるま湯で行うことを守るのがポイントです。

 

次の洗顔でもゴシゴシ擦らないで行うことは必ず守ります。

 

ゴシゴシ擦れば汚れが落ちるわけではなく、洗顔料は泡立てネットを使ってしっかりとした泡を作り、TゾーンからUゾーンの順に泡を乗せて、泡で洗うのをイメージし、肌に直接触れないように洗顔するのがポイントです。

 

泡がクッションになるようにキメの細かい泡を作ることで汚れを包んで落としやすくします。

 

洗顔も1分以内で手早く行い、ぬるま湯ですすぎ残りがないようにしっかりと丁寧にすすぎます。

 

化粧水でのお手入れは洗顔後すぐに行い、手のひらに乗せ、擦らず顔を包み込むように優しく押さえながら馴染ませます。

 

セラミドなどの保湿成分が配合されたものを選ぶことで保湿と肌バリア力を高めて、肌バランスを整えます。

 

美容液でのお手入れも擦らずに手のひらで優しく押さえるように顔全体に馴染ませます。

 

マッサージするように頬やほうれい線を引き上げ、目の周りやフェイスラインを押さえて馴染ませます。

 

乳液でのお手入れは強くこすったり塗りこまないようにし、油分の多いTゾーンは量を少なめにし、頬の中心から顔全体に優しく馴染ませ、目の周りや口元など特に乾燥しやすいところは丁寧に馴染ませて敏感肌のお手入れが完了です。

 

敏感肌におすすめ!美肌に導くお手入れアイテム

“最近、敏感肌向けのスキンケアアイテムが増えましたよね。

 

あまりにも増えすぎて逆にどれを使っていいのか、どれなら効くのかわからないくらいです。

 

しかも敏感肌にも乾燥っぽい人、荒れやすいゆらぎ肌の人などいろんなタイプが。

 

そこでおすすめのアイテムをお手入れ順にピックアップして紹介します。

 

クレンジング
敏感肌にとって、クレンジングはかなり大切。

 

しっかり落とさないと荒れてしまうし、刺激の強いクレンジングではすぐに荒れてしまいます。

 

そこでおすすめなのが、ビオデルマのウォータークレンジング。

 

ファッションショーのバックステージでも使用されているというほどの低刺激かつ、ステージメイクにも対応する洗浄力がメイクアップアーティストに支持されてます。

 

モデルは一日何回もメイクを落とすので、刺激が少し強いだけですぐに荒れてしまいます。

 

もし、ステージの前に使用して赤くなったり荒れてしまったら大変です。

 

さらにいろんな人種、肌タイプのモデルがいますので、誰にでも対応できることが大切です。

 

そんな過酷な場面でも使用されているくらいの製品なので、大抵の敏感肌にはマッチするようです。

 

しかもクレンジング後のダブル洗顔が不要なぬめりのなさ、さっぱり感も敏感肌にはぴったりなんです。

 

スキンケア
たくさんの種類があり、一概に敏感肌ならこれ!とは言えないのが現状。

 

しかし、敏感肌だけでなく全ての肌タイプに言えるのは、なるべく天然成分で、余分な物が入っていない、つまり無添加にこだわるべきということです。

 

人気のブランドはキュレル、資生堂が出しているdプログラム。

 

この二つから選べば大体合うと思います。

 

しかもバラエティストアで扱っていますし、お試し用の1週間サイズもあるので、合うか合わないかを使って試せます。

 

また、大抵の敏感肌の人は生まれながらに敏感肌だったわけではないはずです。

 

多くの人は、ファンデーションやカラーコスメの負担、またPM2.5などの外的要因により肌が痛んだり、スキンケアアイテムの塗りすぎ、つまりお手入れのしすぎで敏感肌を引き起こしています。

 

なので、工程もシンプルに、塗りすぎない、こすらないことが大事です。

 

多くとも、化粧水、クリームで十分です。

 

美容液を何種も使っても、肌に全て栄養となるわけではありません。

 

インナー美容
塗る美容がダメなら、大事になってくるのは内側からの美容です。

 

これが最も大事!いくら刺激の少ないお手入れをしても、夜にきちんと寝なかったり、偏った食生活では肌は荒れます。

 

その荒れた肌を敏感肌だ、と勘違いする人も少なくないです。

 

特に取るべきは
タンパク質の豊富な食事
睡眠
この二つです!タンパク質と聞くと、筋肉を鍛える人が摂るというイメージですが、筋肉だけでなく肌や髪を作るのもタンパク質です。

 

私たちは常日頃から、ストレスなどの内的要因、大気汚染や紫外線などの外的要因にさらされて肌が弱っています。

 

それを修復するためにタンパク質が必要になるので、足りなくなると必然的に肌はボロボロになってくるのです。

 

タンパク質は卵の白身、チキン、大豆などに含まれています。

 

プロテインもタンパク質ですが、プロテインは本当にタンパク質のみを抽出して粉末にしたもの。

 

理想的な取り方は、ビタミンも一緒に摂ることです。

 

つまり偏ってはダメ。

 

ビタミンやミネラル、そして多くのタンパク質を一緒に取り入れましょう。

 

それらの栄養はいわば素材です。

 

素材を生かして新しい肌を作るのは夜に行われます。

 

よく22時?深夜の2時までを「シンデレラタイム」といいますが、これは当たってもいるけど間違いでもあります。

 

大事なのは睡眠をはじめた最初の3時間、そして体内サイクルの中で寝る時間としてふさわしい0時前後です。

 

良質な睡眠、食事で中からも綺麗を目指しましょう。

 

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !