敏感肌はどうケアする?正しいお手入れ方法

“皆さんの肌はどんな肌ですか?オイリー肌、混合肌などいろいろありますが、最近は特に敏感肌の人が増えてきて、アイテムも敏感肌向けのものが増えています。

 

しかし、自分は敏感肌だと思っている人もお手入れ次第で改善されることを知っていますか?そこで、正しいお手入れ方法と、敏感肌の人におすすめのアイテムを紹介します。

 

まず、敏感肌の人が間違いやすいお手入れをあげましょう。

 

・低刺激なのでミルククレンジングを使用する
・肌負担を避けるためミネラルのリキッドファンデーションを使う
・肌負担になるから何もつけない
日焼け止め含め、何もメイクアイテムをつけない人はあまりいないかもしれないですが、上2つは当てはまる人も多いのでは?なぜだめなのか、理由を解説しましょう。

 

まず、たしかにミルククレンジングは低刺激です。

 

オイルクレンジングは油分を取りすぎる傾向があるので乾燥肌や敏感肌には向かない、と考えられていますし、油分を奪うことは事実です。

 

しかし、ミルククレンジングは洗浄能力、つまりメイクを落とす力がとても弱いのです。

 

その分、ごしごし手で塗り込む必要がありますし、長い時間肌につけていなくてはいけません。

 

しかし、これが一番肌に負担を生むクレンジング方法と言えます。

 

理想は、肌を必要以上に摩擦しない、短時間で洗い流せる、そして肌に化粧を残さないクレンジングなんです。

 

だから一概にミルククレンジングを使えばいいのではなく、場面により使うアイテムを分ける必要があります。

 

例えばルーフパウダーを振っただけ、ならミルククレンジングのみで大丈夫です。

 

場合によっては石けんのみで良いでしょう。

 

クリームファンデなどの重たいファンデーションを使用した場合はオイルクレンジングが適しています。

 

一番ダメなのは、こすること、メイクが残ることです!
このことからも
落としやすいメイクアップが肌負担を減らす
ということがわかりますよね。

 

しかし、肌負担を減らすためにミネラルファンデーションを塗る人、多くないですか?
ミネラル、つまり鉱物のみを使用したメイクアイテムは確かに肌負担を減らすものが多いです。

 

ミネラルメイクアップは場合によっては石けんのみで落とすことも可能です。

 

しかし、ミネラルのリキッドファンデーションは別です。

 

リキッドファンデーションはクリームファンデーションの次に肌負担の多いアイテム。

 

ミネラルになったからといって、肌負担がまったくないわけではありません。

 

では、より肌負担を減らすなら何を使えばいいの?と思うと思いますが、パウダーファンデーションがベストです。

 

洗い落とす時の負担、そして塗っている日中の負担も格段に違います。

 

パウダーであればケミカル、ミネラルどちらでも大丈夫です。

 

より肌負担を減らすならミネラルのパウダーファンデーションです。

 

また、敏感肌だけど肌がきれいで、そんなに隠す必要がない人はミネラルのルースパウダーのみが一番肌に軽いアイテム。

 

ちなみに何もならない、も肌に紫外線を受けやすい状態になるためNGなんです!
だから理想はミネラルのルースパウダーのみで大丈夫なきれいな肌になることですね。

 

これらのことを守って生活すると、自分が敏感肌だと思っていた人の何割かは敏感な状態から回復するはずです。

 

敏感肌という単語自体、最近の言葉です。

 

昔はそんなに敏感肌の人なんていませんでした。

 

しかし、敏感肌アイテムが売れるようになったこと、
敏感肌という言葉で消費者を煽ることでメーカーやクリニックが儲かっているという現状…などで、一時的な荒れ肌、または敏感肌でない人まで気にするようになりました。

 

たくさんのアイテムを塗らなければならない、と思う人は多いと思いますが、本当に肌にとっていいのは「肌断食」、つまり何も塗らないことなんです。

 

せめて、シンプルな素材のアイテムを少数使うにとどめましょう。

 

2018年11月21日 敏感肌はどうケアする?正しいお手入れ方法 はコメントを受け付けていません。 未分類