クレドポーボーテは高いだけの価値があります

資生堂のクレドポーボーテと言えば、コスメに関心がある女性なら、誰もが聞いたことのある、憧れのブランドでしょう。

まず、価格帯が資生堂のシリーズと比較してもかなり高価です。

 

他のラグジュアリーな外資系ブランドなども高価な化粧品はたくさんありますが、クレドポーボーテの化粧品はその品質の素晴らしさで抜きんでています。

6万円の美容クリームや、3万円のクリームファンデーションなど、目玉が飛び出そうな価格の商品がありますが、それより価格設定が低めのファンデーションや、スキンケアも十分素晴らしいものです。

 

使ってみると、他のお手頃なものでは代替できない素晴らしいものだと実感しました。

私が初めてクレドポーボーテの商品を試して感激したのは、意外にも、コンシーラーを試した時でした。

私は前々からシミソバカスが大きなコンプレックスで、カバー力のあるファンデーションやコンシーラーでひたすら隠していました。

 

カバー力のあるファンデーションを使うと厚塗りになってしまい老けて見えたり、コンシーラーも色が合わず逆に目立ってしまったり、塗った部分だけ乾燥してしまうのが悩みでした。

そんな時、資生堂のカウンターで、別のシリーズの化粧品を試していた時、美容部員さんが、たまたまクレドポーボーテのスティックコンシーラーを持ってきて、塗ってくださったんです。

 

その時の衝撃、感動を今でも覚えています。

ひと塗りで、私の?に居座るシミソバカスが、ベールをかけたかのように消え去りました。

色も私の白い肌に馴染むぴったりの色で、塗った場所はカバーされているだけでなく、艶やかで輝いているようでした。

そのコンシーラーの価格は6千円でした。

資生堂 クレドポーボーテ

それまでの私なら、高いと怯む値段ですが、実際に試してみると、そのくらい払っても全然惜しくない、と思えるほどの、素晴らしい使用感でした。

迷わずそのコンシーラーを購入し、何年も愛用しているうち、リニューアルも繰り返しましたが、クレドポーボーテのコンシーラー以上に素晴らしいコンシーラーは未だに出会っていません。

 

他にはファンデーションも色々なシリーズがあり、どれも素晴らしい使用感です。

ファンデーション前に塗る保湿力の高い化粧下地は、大人気で品切れになることも。

ハイライトパウダーやおしろいも、高価なだけあり本当に素晴らしいものです。

 

ポイントメイクもチークや口紅など、色合いも絶妙で、一度使うと他のメーカーの化粧品は使えないかも…と不安になるくらいでした。

スキンケアも高価でなかなか手が出ないのですが、資生堂カウンターで化粧品を購入した際、クレドポーボーテのスキンケアをいただいたりするので、買わなくても試す機会もあります。

 

高価でなかなか手が出しづらいですが、一度使ってみると、価格に納得、また奮発してでも使ってみたいと思うはずです。

高価な化粧品ばかりが価値がある、というわけではありませんが、クレドポーボーテの化粧品は値段以上の素晴らしい価値があると思います。

 

関連記事

憧れの資生堂ルージュを購入しました

資生堂のスキンケア商品とビューラーについて

クレドポーボーテは高いだけの価値があります はコメントを受け付けていません。 未分類