ドラッグストアでの出会った素敵な美容部員さん

“普段化粧品に特にこだわりのないわたし。

 

その日は使っている化粧下地がそろそろなくなりそうだったから最寄りのドラッグストアに行った。

 

化粧品コーナーを物色していると1人の美容部員さんに声をかけられる。

 

資生堂だ。

 

その女性は、わたしの今日の目的を聞くと丁寧に1つ1つの商品を説明してくれた。

 

商品についてだけでなくわたしの今の生活環境を聞き、それにあった商品をすすめてくれた。

 

わたしは今3人の子育て中の身で、化粧にあまり時間をかけられない、だけどカバー力があってもちの良いものが良かった。

 

彼女もまた一人息子の母親だという。

 

そこもまた1つのポイントになり、すごく話が弾んだ。

 

美容部員さんとの相談の結果、資生堂美白美容液ファンデHAKUに決めてみる。

 

その日から毎日、資生堂美白美容液HAKUを使用しているが、塗るときの伸びがまず良い。

 

説明に書かれていた通りパール状くらいの量を出し、(初めは少し少ないかな?と思ったが)スーッと伸びて肌に密着する感じだ。

 

厚塗り感はないが隠したいところはしっかり隠しベタつかない。

 

わたしはそこにパウダーファンデを重ね塗りしている。

 

朝化粧をして1日子供達と過ごし、化粧直しをせずとも夕方まで過ごせるくらいのもちの良さ。

 

そして美白美容液とうたっているだけあって、肌荒れとは無縁だ。

 

今まで新しい化粧品は、(ましてやリップなどとは違い肌に使うファンデーションとかは)カサついたり赤みがでたり、という経験も少なくはなかった。

 

しかしこの資生堂美白美容液HAKUは、使っているときも、落とした後も、肌への負担は少なそうだ。

 

そしてわたしが化粧品を選ぶ上でもう1つ大事にしていること、それがサイズ感だ。

 

デザインによってはポーチや化粧台でかさばり片付かない物もある。

 

その点この資生堂美白美容液HAKUはスリムなデザインで場所を取らない。

 

見た目は容量が少ないのかな?と感じさせるが、そんなことはなく、たっぷり入ってコストパフォーマンスも抜群だ。

 

何より品質が良く伸びが良いため、一回の量が少量でよいところも大きな魅力だ。

 

きっとわたしはこの1本目を使い切る前に、また資生堂美白美容液HAKUを買い足すだろう。

 

そのときはまたあの美容部員さんに相談したい。

 

資生堂のリップはカラーバリエーションが豊富で発色が良い印象がある。

 

そしてこちらもスリムなデザインが多くある。

 

肌馴染みの良い、夏らしい色味の物を探してみよう。

 

今まであまり手を出していなかった資生堂商品。

 

でもこれからはファンデーションだけではなく、リップやアイブロウ、アイシャドウといった商品にも目を向け試してみたいと思っている。

 

そう思わせるのは店頭で丁寧な接客をしてくれた美容部員さんと、素晴らしい商品資生堂美白美容液HAKUに出会えたからだ。

 

専門店に行かずとも最寄りのドラッグストアで購入できる手頃さと、ひとつひとつの商品の品質の高さ、たくさんの要因があって、今のわたしの生活スタイルに素晴らしくマッチしていると感じた。

 

ドラッグストアでの出会った素敵な美容部員さん はコメントを受け付けていません。 未分類